職場への在籍確認電話

カードローンを申し込むと審査が行われますが、この中に申請している勤務先への在籍の確認というのがあります。しかし、勤務先にカードローンの申し込みを知られたくないと思う方も多いと思います。変な風に勘繰られたら困りますよね。

 

金融機関側もその辺りは配慮してくれて、銀行名などは出さずに個人名でかけてきてくれます。それでもやっぱり困るという方は、電話契約なし、インターネット上だけで契約できるサービスを行っている金融機関を利用するといいでしょう。

 

申し込み、借り入れから返済までの全てをWeb上で行うというもので、電話連絡はもちろん、郵便物も送られてくることはなく、カードすらありません。

 

ではどうやって借り入れするのかというと、この金融機関が指定する銀行口座に口座を持っていることが利用するための条件となり、その指定口座で振込・振替を行うのです。勤務先にも家族にも知られたくない場合にはメリットが大きいサービスです。

 

しかし、在籍確認の電話は、既に仮審査は通っているということを意味します。本審査の段階で在籍確認をするのが普通だからです。

 

電話があるということは、審査がそこまで進んでいるということ、つまり審査にほとんどパスしているという状態だとも考えられるので、どの辺りまで審査が進んでいるのかを推し量る目安にもなるのです。